▼ translation

Fingering/フィンガリング Picking/ピッキング

ピッキングの基礎練習! 左右の手をシンクロさせる方法 chromatic Exercise

ピッキングの基礎練習! 左右の手をシンクロさせる方法 chromatic Exercise

今回は「ピッキング(右手)の基礎練習」です。
同時に「フィンガリング(左手)の基礎練習」でもあります。

動画に合わせて弾くだけで「左右の手をシンクロさせる方法」を鍛えることができます。

ゲーム感覚で合わせて弾いてみてください^^

この練習で得られる内容

この練習で得られる内容は

  • ピッキング(右手)とフィンガリング(左手)のシンクロ率の向上
  • リズムにあった規則正しいオルタネイトピッキング
  • 左手の全ての指を均等に鍛えることができる
  • 全部の弦に対して同じように弾くことができるようになる
  • などです。

    基礎中の基礎で、個人的に一番大切な練習だと思っています。

    ピッキング練習動画

    まず基本となる練習動画です。
    BPM=50の譜例です。

    この動画では「人差し指~小指」まで全てを使います。
    最初は
    1フレット=人差し指
    2フレット=中指
    3フレット=薬指
    4フレット=小指
    を使います。

    試しに下の動画に合わせて動画に合わせて弾いてください。

    ギター練習用のYoutubeアカウントです

    動画の説明

    フィンガリング(左手)とピッキング(右手)に分けて説明をします。

    フィンガリング(左手)

    先程も書いた通り、この練習では人差し指~小指まですべてを使います。

    6弦から1弦までは、1234フレットで人→小指の順番、
    1弦から6弦までは、4321フレットで小→人差し指の順番、

    で押さえていきます。

    左手で気を付けることは

  • 指を上げすぎない事
  • 指をバタバタさせ過ぎない事
  • この2つには気を付けてください。

    出来るだけ「コンパクトに」を心がけてくださいね。

    ピッキング(右手)

    とにかくオルタネイトピッキングの練習です。

    右手で気を付けることは

  • 自分が良いと思う音質が出ているか意識する
  • ダウンピッキングとアップピッキングで差が出ないように弾く
  • 同弦上で全ての音が均等になるように弾く
  • 弾く弦が変わっても同じ音量・同じ音質で弾く
  • です。

    まず「自分の出したい音が出せているか」を必ず意識してください。
    この音を最初から最後まで持続できるように頑張りましょう。

    また、音量と音質・リズムをとにかく「均等に」です。

    注意点

    意識する事をたくさん書きました。
    最終的に全てをこなせるようになるのが理想です。

    ですが、最初は意識するのを1つだけ決めてやってください。

    例えば

    「今日はダウンピッキングとアップピッキングで差が出ないように弾くぞ」

    というふうにです。

    どれを意識しながら練習するのかを毎回変えてください。
    少しずつ出来るようになったら「今日は指のバタツキと音量均一にするの2つを意識する」というように増やしていってください。

    無理して増やすのは逆効果です。

    またスピードを上げるのも「しっかりと出来てから」にして下さい。
    中途半端な状態でスピードを上げても、早いけど雑な状態になってしまいます。

    出来るだけ客観的に見ながら、じっくりとやってみてください。

    動画に合わせて弾くだけで上手くなる

    このHPでは動画に合わせて弾くだけで上手くなるようにつくってあります!
    ゲーム感覚で動画に合わせて弾いてみてください^^

    最初から最後までズレなければゲームクリアです^^

    練習用動画

    プレイリスト

    これは全ての動画を詰め合わせてあります。
    BPM50~150まで連続で再生されます。
    この動画で弾いてから、ミスしたところ、あやしいところを重点的に鍛えて下さい。

    ここからはテンポ毎に動画を貼っていきます^^

    BPM 50

    BPM 60

    BPM 70

    BPM 80

    BPM 90

    BPM 100

    BPM 110

    BPM 120

    BPM 130

    BPM 140

    BPM 150

    Speed up BPM 50~200

    徐々にスピードアップする動画です。
    これが最初から最後までズレずにできれば、今回の練習の目的達成です!

    この動画は最初はBPM 50です。
    TABの最後まできたら最初に戻りますが、少し早くなります。
    BPM50から60になりカウントが4つ鳴り1小節目からスタートです。
    10ずつ上がっていき最後は150まで早くなります。

    最後に

    いかがだったでしょうか?
    「ピッキングの基礎練習! 左右の手をシンクロさせる方法」としてはこれが一番基礎にして最良の方法です。

    意識するべきところをしっかりと意識して、厳しめに出来るているかどうかを客観的に見てみて下さい。

    この練習は可能な限り毎日練習するのをオススメします^^

    これからトレーニングの動画などをたくさんUPしていきます。
    徐々に難しくなっていくのでお楽しみに^^

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で 【キソレン!】 を

    sponsor link

    -Fingering/フィンガリング, Picking/ピッキング